ストリートで最高のサウンドを響かせよう!MMA130モニター・プレゼント - モニター・レポート

MMA130製品情報
この製品の生産、販売は終了いたしました。
ストリートで最高のサウンドを響かせよう!MMA130モニター・プレゼント - モニター・レポート

モニターの方々からのレポート募集要項

このエントリーをはてなブックマークに追加


優月さま
 

MMA130に興味を持った理由について

「心に優しい音楽」をテーマに、楽曲制作やデザイン、イベント企画をしながら、関東を中心に年間約200日のライブ活動をしています。屋外で行うストリート・ライブではポータブル・アンプは必須アイテムで、今までも色々な種類のアンプを使用してきました。充電式だとバッテリー交換が必要ですが、電池駆動であれば電池の交換だけで使い続けることが出来るので、今後ずっと使い続けていけるようなポータブル・アンプを探していた時にMMA130を知り、使いたいと思いました。

MMA130を実際に使ってみて

MMA130は電池駆動と電源駆動の両方が出来るので、ストリート・ライブでは電池駆動、ライブのフロア・モニターとして使用する場合は電源で駆動して使いました。横置きした時にスピーカー面が斜め上を向くので、床に横置きしても客席の広範囲に聴かせる事が出来ます。何より便利だったのは、インプット端子が充実している事。4chのインプットでマイクが2本も繋げるというのは驚きです。ピアノ二台、ボーカル2人という編成も1台のアンプで、しかも電池駆動で可能になります!そして、会場にフロア・モニターがない場合に代用してもステージで浮かないデザインが気に入っています。





ウルエさま
 

MMA130に興味を持った理由について

神奈川県内を中心に、ウルエというバンドで活動しています。ライブハウスでの演奏と並行して、ストリートでの活動に力を入れています。ストリートで使う機材で重要なのは、電源がないところでも使えて、駅から駅へと移動できるフットワークの良さでしょうか。かといって、音質面で妥協をしたくはないので、気軽に持ち運べ、なおかつカホンやアコギといった楽器に負けないくらいの出力のアンプは無いかと探していたので、今回のMMA130モニター募集は、まさにうってつけと思い応募しました。

MMA130を実際に使ってみて

今回は海老名VINAWALKの円形ステージでの演奏に使用しました。まずうれしいのは、入力系統が多いこと。別にミキサー等を用意しなくても、メイン・ボーカルとコーラス、という風に音量を調整できるので、少しでも荷物を減らしたいストリート・ミュージシャンにとっては、大変親切な仕様だと思います。
音が広がってしまう野外での演奏ということで、一番心配していた音量感も、充分すぎるほどで、ステージとその周囲にボーカルを聞かせても、まだボリュームに余裕があるくらいでした。歌詞もはっきり聞こえ、演奏者からすれば、演奏しやすく、観客もしっかりと歌に聞き入ることができていた様子で、大好評のうちにライブを終えることができました。
まだまだ色々な編成に対応できそうなアンプで、今後もメインの機材として活躍していってくれそうな予感がしました。





balloon noah(バルーン ノア)さま
 

MMA130に興味を持った理由について

わたしはバルーン・アーティストとして、ショーやストリート・パフォーマンス等を中心に活動しています。パフォーマンスの形態としては、音楽にあわせてバルーンの作品を作りあげるというパフォーマンスとなります。活動の場所は、幼稚園や小学校でのイベント、お祭りのステージ、ショッピングモールや公園等と多岐にわたります。また屋内だけでなく屋外での活動も多く、場所によっては電源が確保出来ない場合もよくあります。そんな中、電池駆動が可能な上、ポータブルサイズで強力な音量感を有するMMA130の存在を知り、わたしのパフォーマンス・スタイルにぴったりだと思い、今回応募させて頂きました。

MMA130を実際に使ってみて

実際に使ってみて、まずポータブル・サイズであるにもかかわらず、かなりの音量感に驚きました。電源駆動はもちろん、電池駆動でも圧倒としか言い様がありません。使い方としては、ミュージック・プレーヤーとマイクを繋げて使いますが、マイクとラインのインプットに接続するだけなので、時間に余裕が無い時もで簡単にセットアップが完了。イコライザーも搭載されているため、音質も申し分ありませんでした。MMA130を使い、音の迫力に今まで以上に会場全体が一体になり、盛り上がる事が出来ました。今後はMMA130を定番として使用して行きたいと思います。





くろざとう/Kapalili Winds
キーボード担当 さとう(会社員)
さま
 

MMA130に興味を持った理由について

昨秋から誘われて、フラ・チームのバックやアトラクションで演奏しています。ちなみにメンバーは子育て世代(中期〜後期)です。演奏場所は、公民館、多目的施設、サロンルーム、飲食店、民家などで、音響、電源、運搬の状況がその都度まちまちになります。楽器はコルグのシンセサイザー X50を購入しましたが、アンプはメンバーのものを借りていました。ネットで探していたところ、MMA130のモニター・プレゼント企画を知り応募しました。

MMA130を実際に使ってみて

重量感はありますが、グリップを握ると意外と女性にも運びやすい。縦・横に置けてスタイリッシュでサマになり、演出効果十分です。どの楽器のラインも突っ込めるので、MMA130一つで音を出せる頼もしさがあります。アンプを囲んですぐ練習を始められました。特にボーカルの音通りが良いです。ウクレレはプリアンプをかませ、実にクリアな音を発してくれました。イコライザーもあるので会場に合わせて調整ができます。iPodからの音出しが必要になった時も即解決。広い所でも音量に心配ありません。今後は屋外での演奏もぜひ試したいですね。





LIMITED5さま
 

MMA130に興味を持った理由について

学生時代から音楽活動をやっていましたが、結婚後、多忙なこともあり、しばらく音楽活動は控えていました。やっと、子供にも手が掛からなくなり(相手にされなくなり?)、3年ほど前から活動を再開しました。主に横浜のレストランやバーを拠点に、洋楽のR&BやPOPSのカバーを演奏しています。現在は、ボーカル(女性)+キーボード(男性)+ベース(私)という少数精鋭で機動的に活動していますので、「このクラスのモニターアンプがあれば重宝するだろうな」とMMA130に興味を持ちました。

MMA130を実際に使ってみて

小ぶりですっきりした外観と、ハンドリングし易く軽量なことが好感持てました。毎度使用するうえで非常に嬉しいことです。普段の練習では、限られた時間のなかでセッティングはスピード重視なので、今は、スタジオ機材は使わず、MMA130にマイクと全ての楽器をさっと突っ込み、即音出ししています。1〜2曲多く練習できます(笑)。電池も使え、電源供給もできるので今後は、ワゴン車をスタジオがわりにして、小遣いを節約しようと目論んでいます(笑)。 パワーもあり、小さなバーのLIVEでは、MMA130をメイン・スピーカーにしています。今後も、アマチュア音楽家が手軽に使え、コスト・パフォーマンスの高い製品をどんどん開発してください。期待しております!





猫十字社さま
 

MMA130に興味を持った理由について

ヒーリング・ポップス・ユニット「猫十字社」として、ショッピング・モールでのライブ・イベント、温泉旅館でのロビー・コンサート、ディナーショーやイベント出演などの演奏活動を行う他、主に川崎駅東口にてストリート・ライブをコンスタントに行っております。
当方、シンセサイザーとMTR(またはCDによるオケ)、そしてボーカル・マイクというセッティングで、ギターやベース、ピアノといった生楽器の使用がないため、アンプの性能によっては、音質面で演奏が安っぽく聴こえてしまうのが悩みの種でした。
PA機材や電源がない会場での演奏依頼を受けることも多く、とにかく音質が良くて、ポータブルで、電池駆動のアンプを探していたところ、楽器店の方から薦められたのがMMA130でした。

MMA130を実際に使ってみて

一般的にストリート用として販売されているアンプに比べて格段に出力が大きく、吹き抜けのイベント会場でも、シンセ/オケ/ボーカルの各パートを、これ1台で十分パワフルに再現できました。
高音はクリアで抜けが良く、ストリート・ライブ時に良くお客様から言われたのは、「遠くからでも歌声が透き通るように気持ち良く聴こえてきた」という事でした。さらに低音もしっかりと再現してくれ、MTRやCDのオケでも、ベースやドラム・パートにずしりとした重みを感じられました。イコライザーも搭載されており、音質面ではオールマイティーに頼れる1台という印象を持ちました。
入力端子も豊富なので、ミキサーなしでもMTRやCDのオケをステレオで聴かせることが出来ることも、音質面では非常に大きな利点でした。
デザインもスタイリッシュでどんな場所でもすんなり馴染み、全てにおいて大満足で使用することができました。



 
このページのトップへ


 
プライバシー・ポリシー   ウェブサイトについて   サイトマップ



COPYRIGHT 2007 KORG INC. ALL RIGHTS RESERVED.