Pa600 Professional Arranger


Pa600 トップ 特徴1 特徴2 特徴3仕様

このエントリーをはてなブックマークに追加


バンドで。ソロで。そして作曲で。あなたの想いをすぐさま音にするキーボード、Pa600。
 
 

思い描いた楽曲イメージやメロディを、ミニ鍵盤で手軽に形にできる“コンパクトな作曲アシスト・キーボード”として好評のmicroARRANGER。新登場のPa600は、そのコンセプトはそのままに、待望の標準鍵盤を搭載してさらにライブ感を高めたアレンジャー・キーボードです。インタラクティブにプレイヤーの想像力を刺激するバッキング・パターン「スタイル」の搭載により、左手でコードを押さえながら、思い浮かんだメロディを右手で弾くだけで、曲のイメージがリアルタイムですぐ楽曲に。また標準サイズの61鍵盤で優れた演奏感を実現し、作曲だけでなく、バッキング・パターンを活かしたリアルタイム・ソロ・パフォーマンスも思いのままです。もちろんコルグならではの高品位かつ豊富なサウンドで、バンド・サウンドの中でも輝きを放ちます。Pa600は、気軽に音楽を楽しみつつ、オリジナリティある表現をしてみたい、そんなあなたのためのキーボードです。


 


  • バンド演奏や弾き語り、そして作曲で活躍する、スピーカー搭載/標準61鍵搭載のアレンジャー・キーボード。
  • あらゆるジャンルの音楽に対応する、950音色以上もの高品位なサウンドを収録。
  • RX(Real eXperience)、DNC(Defined Nuance Control)テクノロジーなどのアーティキュレーション技術により、奏法による音色変化、楽器から発せられる小さなノイズ音までをもリアルに再現。
  • イメージを逃さない、360種以上ものインタラクティブ・バッキング・パターン「スタイル」を内蔵。
  • スタイルを選びコードを弾くだけで、プロのバンド演奏クオリティのバッキング・トラックがすぐに完成。
  • ギター特有の奏法を簡単にシミュレートできる「ギター・モード」を搭載。
  • 大型で視認性の高いTFTカラー液晶ディスプレイに、画面に触れて操作できるタッチ・ビュー・インターフェースを搭載。
  • 15W+15Wの高品位アンプに、10cm×2の同軸コーン式スピーカーを搭載し、臨場感あるサウンドを演出。
  • MP3プレーヤー機能を内蔵。楽曲のボーカル部分を消せるボーカル・キャンセルや、トランスポーズ、テンポ・チェンジも可能。さらに、グラフィカル(+G)、テキスト・ビューワー、マーカー、スコアなど、主要な歌詞フォーマットにも対応。





新製品発表会にて行われた、シンガーソングライター/ピアニストのシオダマサユキさんと、キーボーディスト/作編曲家の大迫杏子さんによる Pa600のプレゼンの模様を収めたビデオです。「アレンジャー・キーボードってどんなもの? どこがすごいの?」という方も、このビデオを見れば すぐにお分かり頂けます。

 
【1. スタイル】
【2. スタイル・プレイ】
【3. 実演『光る雲』】




 
このページのトップへ


 
プライバシー・ポリシー   ウェブサイトについて   サイトマップ



COPYRIGHT KORG INC. ALL RIGHTS RESERVED.