Mono/Poly for Reason

MonoPoly for Reason
このエントリーをはてなブックマークに追加



4VCOの分厚いサウンドを誇るコルグMono/Polyが、Reasonにラック・マウント!
  • オリジナル・モデルのサウンドからパラメータのキャラクタに至るすべてを完全再現する、コルグ独自の電子回路モデリング・テクノロジーCMT(Component Modeling Technology)を採用。
  • オリジナル・サウンドの再現に加え、最大128ボイスのポリフォニック設定、最大16ボイスのユニゾン設定、自由なエクスターナル・モジュレーション設定など、現代の音作りを可能にする多数の新機能を搭載。
MonoPoly for Reasonの購入はこちら

1981年に発売したコルグ・アナログ・シンセサイザーの集大成といえる4VCOモノフォニック/ポリフォニック・シンセサイザーMono/Poly。Polysixと同時に発表し、その機能とプライスで両機種は当時のシンセサイザー界に革命をもたらしました。Mono/Polyソフトウェア・シンセサイザーでは、KORG独自のCMT(Component Modeling Technology)によって、数多くのミュージシャンがKORG製品の中でもベスト・シンセサイザーとして挙げているオリジナルのMono/Polyをソフトウェア上に再現しています。


また、これらのオリジナル・サウンドやコントロールの忠実な再現に加え、最大128ボイスのポリフォニック設定、最大16ボイス(スプレッド機能付き)のユニゾン設定、究極の8系統バーチャル・パッチ機能など、多彩な音創りを可能にする多数の機能を搭載しています。


これら新機能のパラメータを加えてノブやスイッチを再構成し、現代版ラック・マウント型Mono/Polyとして甦らせており、より直感的に、より多彩な音創りを行うことができます。

Mono/Poly for ReasonはPropellerhead社の『Propellerhead Shop』にてダウンロード販売しております。



Mono/Poly ソフトウェア・シンセサイザー

音源システム CMT(Component Modeling Technology)
最大発音数 128 (コンピュータのCPUに依存)
ティンバー数 1
シンセシス 4VCO/1VCF/1VCA/2EG/2MG
ユニゾン ボイス数指定(1 〜 16)、デチューン、スプレッド
エクスターナル・モジュレーション Source (None, Velocity, KBD Track, After Touch, Pitch Bend, Mod Wheel, CV1, CV2), External Modulation 1 (VCO PULSE WIDTH, VCF FREQUENCY, VCA GAIN, MG LEVEL), External Modulation 2 (VCO PULSE WIDTH, VCF FREQUENCY, VCA GAIN, MG LEVEL)
バーチャル・パッチ 8系統
ソース 159種(Velocity, KBD Track, After Touch, Pitch Bend, Mod.Wheel, VCF EG, VCA EG, MG1, MG2, Noise, CV1, CV2, CV3, CV4 他)
デスティネーション 35種(VCO Pitch, VCO Level, Noise Level, VCO PW,VCO PWM Intensity, Portamento Time, Detune, Cutoff, Resonance, EG Intensity, VCA Gain, VCF EG, VCA EG, MG1 Speed, MG2 Speed, VCO Mod X-Mod, VCO Mod Freq Mod, Panpot 他)
音色プログラム 128
アルペジエーター UP, DOWN, UP/DOWN, RANDOM
MG(Modulation Generator, LFO) 2基


 
このページのトップへ


 
プライバシー・ポリシー   ウェブサイトについて   サイトマップ



COPYRIGHT KORG INC. ALL RIGHTS RESERVED.