Polysix for Reason

Polysix for Reason
このエントリーをはてなブックマークに追加



アナログ・シンセの名機、コルグPolysixがReasonに登場!Propellerheadの新しいプラグイン・フォーマット“Rack Extension”に対応。
  • オリジナル・モデルのサウンドからパラメータのキャラクタに至るすべてを完全再現する、コルグ独自の電子回路モデリング・テクノロジーCMT(Component Modeling Technology)を採用。
  • オリジナル・サウンドの再現に加え、最大32ボイスのポリフォニック設定、最大16ボイスのユニゾン設定、自由なエクスターナル・モジュレーション設定など、現代の音作りを可能にする多数の新機能を搭載。
Polysix for Reasonの購入はこちら


1981年にプログラマブル・6ボイス・ポリフォニック・アナログ・シンセサイザーとして発売したPolysix。SAW/PW/PWMの波形選択が可能な1VCO(サブ・オシレータ付き)/1VCF/1VCA/1EG構成に、コーラス/フェイズ/アンサンブル・エフェクトを搭載し、コード・メモリー/アルペジエータ/ユニゾンなどの演奏モードを装備していました。直感的なオペレーションと厚く奥行きのあるサウンドから 世界的な大ヒットとなり、今でもその独特なストリングスやパッド・サウンドを数多く耳にします。

Polysix for Reasonは、オリジナルの忠実な再現にとどまらず、最大32ボイス・ポリフォニック設定、最大16ボイス・ユニゾン設定(デチューン/スプレッド機能付き)、自由なエクスターナル・モジュレーション設定、モジュレーション・ジェネレータ/アルペジエータのMIDIクロック同期設定、エフェクトの拡がりが調整可能なスプレッド設定など、現代のサウンド・メイキング を実現するための機能拡張が図られています。

これら新機能のパラメータを加えてノブやスイッチを再構成し、現代版ラック・マウント型Polysixとして甦らせており、より直感的に、より多彩な音創りを行うことができます。

Polysix for ReasonはPropellerhead社の『Propellerhead Shop』にてダウンロード販売しております。



Polysix ソフトウェア・シンセサイザー

音源システム CMT(Component Modeling Technology)
最大発音数 32 ボイス
プログラム 92
ティンバー数 1
シンセシス 1VCO(サブ・オシレータ付き)/1VCF/1VCA/1EG/ 1LFO
ユニゾン ボイス数指定(1〜16)、デチューン、スプレッド
エクスターナル・モジュレーション Source (None, Velocity, KBD Track, After Touch, Pitch Bend, Mod Wheel, CV1, CV2), External Modulation 1 (VCO PULSE WIDTH, VCF FREQUENCY, VCA GAIN, MG LEVEL), External Modulation 2 (VCO PULSE WIDTH, VCF FREQUENCY, VCA GAIN, MG LEVEL)
エフェクト CHORUS, PHASE, ENSEMBLE
アルペジエーター UP, DOWN, UP/DOWN


 
このページのトップへ


 
プライバシー・ポリシー   ウェブサイトについて   サイトマップ



COPYRIGHT KORG INC. ALL RIGHTS RESERVED.