コルグ・ミュージアム

コルグ・ミュージアム - 60's
ドンカマチック
ドンカマチック
コルグが最初に開発した製品、それは、いまや、スタジオなどの現場でリズムの代名詞として使われる“ドンカマ”の語源となった“ドンカマチック”。創業者の故加藤孟とアコーディオン奏者である故長内端(おさない・ただし)氏の、加藤のKと長内のOの組み合わせと、東京の私鉄、京王線の桜上水に事務所があったため“京王”の字をあて、京王技術研究所という名ではじめて世に出した製品です。

ドンカマチック (発売当時の価格¥280,000)

開発のきっかけは、長内氏が自分のバンドを率いてアコーディオンを演奏していたときに、一人でバンド演奏並みのアンサンブルができないかというアイディアから。その意味でドンカマチックは、現在飛躍的な進歩を遂げた自動伴奏システムのルーツともいえます。

プレイヤーでありながらも東大の機械工学出身という経歴で機械に強かったため、長内氏が実際に開発を行いました。最初作り上げた製品ドンカマチックDA-20は、接点の付いた円盤(シーケンサーに相当)を回し、アンプも音源も真空管で鳴るもの。本体上部に音色/パターン選択などを行うスイッチと、マニュアルでもリズムを演奏できるよう10鍵の鍵盤も配置。ボディにはスピーカーを内蔵。そして、バスドラの“ドンッ!”、クラベスの“カッ”、さらに“オートマチック”の“マチック”で“ドンカマチック”と命名した、国産初の円盤回転式電気自動演奏装置が誕生しました。(ということで、現在は“ドンカマ”と省略されていますが、本当は“ドンカ”と“マチック”の間で区切っているのです。)

日本のサラリーマンの月収が2〜3万円のころ、280,000円で売られたこの製品は、今でいえば300万円くらいに相当。その後、普及型のDC-11を開発。これはメカはまだ円盤式でしたが、音源はトランジスタに。さらに1966年にはシーケンサー部分が電子式になったDE-20、DE-11を発売。そして1967にヤマハ・エレクトーンのオプション用Mini Pops MP-2を開発。スピーカー内蔵型をドンカマチック、スピーカーなしをMini Popsと名付けてラインナップを増やしたほか、USAでは、当時現地ディストリビュータであったUnicordの名にちなんで、Mini PopsシリーズMP-3、MP-7などをUnivoxの名で発売しました。


ドンカマチック・シリーズは、1975年くらいまで、Mini Popsシリーズは1977年くらいまで新モデルを作り続け、その後1979年には様々なリズム音色をコンパクトなサイズにまとめた名機KR-55などのKRシリーズを発表、そして、ドラムやパーカッションを演奏するのと同じ感覚でリズム・パターンをプログラムすることができるようになったKPRシリーズへとコルグのリズム・マシンの歴史は引き継がれていくことになります。


 
 


1963 ドンカマチック

1970 試作一号機
1972 Traveler F-1 / VCF / Mr. Multi
コルグ
1973 miniKORG700
1974 800DV
1975 WT-10
900PS / SB-100
1976 PE-2000 / PE-1000
770
1977 M-500 / M-500SP
PS-3100 / PS-3200 / PS-3300
1978 MS-10 / MS-20 / MS-50
SQ-10 / VC-10
SE-500/SE-300

SD-400/SD-200

1979 Σ / Λ / Δ
X-911

1980 CX-3/BX-3
TRIDENT
LP-10
1981 Mono/Poly
Polysix
1982 POLY-61
SDD-3000
1983 POLY-800
SAS-20
1984 RK-100
DW-6000/DW-8000
1985 DT-1
1986 DSS-1
SG-1D/SG-1
1987 CONCERT C-7000
DT-1pro
1988 M1
A3
1989 T1/T2/T3

1990 WAVESTATION
A5
1991 01/W FD
SoundLink
1993 G1/G2/G3/G4/G5
X3
i3
1994 X5
WAVEDRUM
1995 Prophecy
TRINITY
PX1T
1996 WT-120調べ
N364/N264
1997 D8
1999 ELECTRIBE・A/R
TRITON
KAOSS PAD

 
このページのトップへ


 
プライバシー・ポリシー   ウェブサイトについて   サイトマップ



COPYRIGHT 2008 KORG INC. ALL RIGHTS RESERVED.